ニキビ跡 治す

ニキビ跡を治すためのケア

ニキビ跡を治す

 

ニキビ跡、かまいすぎていませんか?

 

ニキビケアを頑張っているのに改善しない!という人は、ニキビにかまいすぎているのが原因かもしれません。
ニキビは放置していると悪化する危険がありますが、それと同時にかまいすぎてもヒドくなる恐れがあるので、気をつけてくださいね。

 

つい気になるからといってむやみに触ってしまうと、手についた皮脂や雑菌がニキビ部分や周辺に付着して悪化してしまいますし、ニキビ部分を傷つけてニキビ跡が残る可能性すらあります。
お肌の皮脂を減らせばニキビはなくなるから、と洗顔や脂取りをするのはいいんですが、それもやりすぎるとNG。
皮脂はお肌を守るバリアでもありますので、「皮脂が足りてない!」と判断したお肌は新たに皮脂を作り出す活動をします。
それによって結局お肌が脂っぽくなり、ニキビの温床となってしまうということですね。

 

ニキビを早く治したい!と焦りたくなる気持ちもよくわかりますが、傷口をキレイに治すためにかさぶたをムリヤリ剥がさないのと一緒で、そっとしておくことも大切です。

 

ニキビ跡について

 

私は若いころから、ストレスや不規則な生活が続くとすぐにニキビができてしまう体質です。ニキビ用のスクラブ入りの洗顔を使用したり、色々と試してみたのですがいいものに出会えませんでした。

 

最終的に美容皮膚科に相談して、ケミカルピーリングを試してみる事になりました。薬剤で表面の皮膚を溶かして、新しい皮膚を再生させる方法です。はじめは濃度の低いものから始めて、だんだんと濃度をあげていきました。2〜3週間に1回のペースで通いました。

 

半年くらいでとても肌が綺麗になりました。自宅では、ビタミンC誘導体の化粧水でケアしていました。
ピーリングをやめてからも綺麗な肌を保てています。ピーリングはニキビにはとても効果的だと思います。

 

ニキビ跡は根気強く、正しくケアすることで徐々に目立たなくすることができます。ニキビ跡を治すならしっかり毎日ケアするようにしましょう。

更新履歴